su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

自立

高校生のとき、あまりにも調子込んでいる私たちに向かってある女性体育教師はこんな風に言った。

 

「あんたたちね、自立、自立、っていうけど、経済的に自立して初めて自立したっていうんだよ」

 

その時私は、はあーなるほど、と納得したものだが、

今考えてみると、ちょっと違うと思う。

 

 

自立というのは、

社会の中の自分の立ち位置をしっかり認識し、自分がどう活動すれば周りにより貢献できるか理解し、実践すること。

 

じゃないだろうか。

 

何よりも、精神的な自立をすればその人が貢献するために必要な環境は与えられるわけだから、安心して自立を目指して歩いたらいいと思う。

 

だいたい、経済的に自立するってどういうことかしら?って、私は思うんだよね。

 

だって、そのお金、あなたが自分で稼いだと思ってるけど、払ってくれる人がいるからもらえるわけで、

そして、稼いだお金を使えばまた誰かの稼ぎになるわけで、

そんな循環をグルグル繰り返しているのだから、

そのお金誰のもの、ってことは言えないように思えるんだよね。

 

お金の使い方は人それぞれだから、

しっかり貯めて安心を手に入れたり、

知識を学んだり技術を身につけて能力を高めたり、

食べたり飲んだり遊んだりして楽しんだり、なんでもいいと思う。

 

でも、やはり、

貢献することは常に念頭に置いておきたい。

 

そして、経済的な自立や人間関係における自立など、トピカルな"自立"は、「精神的な自立」に内包されているのだと思う。