su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

今は考えなくていい

連日テレビで流れてる白血病の水泳選手の女の子に、オーストラリアの水泳選手の男性が語りかけていた言葉が印象的だった。

 

「今はこの先も水泳を続けられるかどうかは考えなくていいと思います。」

 

 

結局、自分ができることは今目の前にあることだけだ。

 

それは、どんなに平凡な人でも、才能がある人でも、若くても、年寄りでも。

 

 

未来をあれこれ心配しても結果をコントロールすることはできない。

 

結果は、

「今どのように取り組んだか」「今できることにどれくらい集中したか」に導かれる。

 

 

防ぎようのない病気やケガですら、いつかの自分がしたことの結果だと、ヴェーダンタで教えられた。

 

幸せでいなくちゃと焦る私たちは、良い行いを重ねる代わりに、悪いことが起こらないように…とつい願ってしまうけど、

 

どうしたって自分の手の内にはないこともある。

 

 

それでいいのだ。

 

そういう風にできているのだから。

 

 

悲しんでもいいし、悔しがってもいい。

諦めたっていいと思う。

 

そういう感情は、前向きにがんばる気持ちとも同等なのだから、特別忌み嫌わなくてもいい。ちゃんと味わい切ってから前を見ても遅くない。

 

誰にとっても、当てはまること。

 

「今は考えなくてもいい」

 

目の前にある私ができること、

私の成長のためにできることに、

最善を尽くしたい。