su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

順序

お風呂に入りながら、今年はお金についてよく勉強したなぁと振り返っていた。

 

そのとき、「あ、でも、お金についてというよりかは、私のお金に対する姿勢について、だな。」と気付いた。

 

お金について学ぶとき、だいたいの人は「お金とは何か」について学ぶのだと思う。けれど、自分がお金に対してどういう姿勢で臨んでいるのかを知らなければ、お金についていくら学んでも、望む成果は得られないかもしれない。

 

筋トレも似ているなぁ…と、またそこで思った。

 

先日、生徒さんに「内腿を鍛えるにはどんなことをすればいいですか?」と聞かれたのだけれど、私は答えなかった。

 

なぜなら、その生徒さんの姿勢のままでやっても効果は無いと思ったからだ。

 

左右の坐骨を離す感覚がわからない、ハムを引き上げる感覚がわからない、と言ったばかりの人に内転筋のトレーニングが適切にできるだろうか。

 

まず正しく立つ練習をしなければ、脚の筋トレはやってもあまり意味はないと思う。

 

正しく立てれば、立つだけでその人に必要な筋トレはある程度はできてしまう。

 

筋トレの優先順位はその後。オプションだ。

 

 

お金も同じだ。

 

お金に向き合う「正しい姿勢」が必ずあるはず。

それを見つけ、まず自分の姿勢を正してからトレーニングに入るべきなのだ。

 

 

「物事には順序がある」と昨日ヨガの先生に言われた。

 

「その順序でアーサナに入るのが大事」だそうだ。

 

「でも、その順序を覚えようとするかどうか。」という言葉が突き刺さった。

 

先生はいつも丁寧に教えてくれるのに、自分で順番を覚えるのが億劫で、つい、なんとなくやってる自分に最近うっすら気付いていたから。

 

さっきお風呂で気付いたことも、関連していると思う。

 

「順序」を尊重する。自然の秩序に従う。

これからの課題だなぁ…

 

焦らず、丁寧に、動き続けたい。