su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

これ以上は無駄

「好きなものばかり食べていた食生活を改めなくてはいけません。」

今日印象的だったことば。

 

 

 

私はこの一年、言ってしまえば、時間を無駄に使ってきた。

 

空いている時間に昼寝をしたり、勉強したり、妹や姪たちと遊んだり、読書や散歩をしたりと、仕事をしているのに贅沢に時間を使ってきたようだけど、

 

最近、

「私は、貢献できること(仕事)に力を使い切れてない…」と思うようになってきた。

 

それで、これからはもう少し仕事を増やそうと思う。

 

 

この気持ちは、たくさん休んだ反動からではなく、自分が受け持てる範囲が少し広がってきた感じから生まれていると思う。

 

自分が受け持てる範囲が広がってきた、というのは、

この1年間はあれこれいじらず、今の自分が出来ることだけを丁寧に積み重ねてきたことに起因していると思う。

 

今できることを、できるように、できるだけやってきた。

 

 

そういうことをしているとある時、次の課題に気がつく。

 

アーサナの練習と同じだなぁと思う。

 

できないときに、あれこれやろうとしてもどうせできないのだ。

 

そんなときは「これならできる」ということに、とにかく専念する。

 

だんだんできてくると、次にできそうなことが見つかる。

 

それの繰り返しで、気づいたらいつのまにか上手くなっている。

 

さっき、この一年時間を無駄に使ってきたと言ったけれど、「無駄に使わなければならない時期」だったとも思っている。

 

今、一番しっくりくるのは、

「これ以上続けたら無駄になる」。

 

私の何かの準備期間だったのだと思う。

 

誰にでも「そうするしかない時期」というのがあって、

その時期は焦らずそこにいることに意味があったりするのだ。

 

誰もが変化を続けている。

 

私は、自分が変わったのに気づいたら、さっきまで大切にしていたものさえ手放す覚悟を決めている。いつでも。

 

昨日の現実が、もう今日の現実ではないことがいっぱいある。

 

「これ以上は無駄」と気がついたなら、もう続ける理由はなにもないなぁ…と思う本日。