su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

信頼

f:id:IUB:20181207212006j:image

高萩市古民家カフェHANAにて。

もみじの紅葉が美しい。

 

今年は、初めて外部講座を単独で担当させていただいた。

 

中学校と公民館…。

 

正直、今まで私には縁のない場所だと思っていた。

 

依頼を受けてから、

どちらの講座も今の自分ができることを背伸びせずにやろうと決め、

淡淡と、粛粛と、行った。

 

思っていたほど緊張もせず、

伝えたいことに集中できたのは、

 

やはり、背伸びをしなかったからだろうかと思ったりもする。

 

 

この前、ヨガの先生もおっしゃっていた。

 

活躍する舞台がほしくて自分のアピールを必死にするより、

ここにじっとしていることの方が大事だったりするでしょう?

 

 

私は自分をアピールするのが苦手だからじっとしているより他ないので、わかったような、わからないような気分だったけど、

 

でも、じっとしている間も、ただぼーっとしていればいいというものでもない。

 

「信頼」を積み上げることが必要なのだ。

 

それは、とてもシンプル。

 

自分ができる最大限のことを、いつも精一杯やることなのだと思う。

 

 

誰かが見てるから頑張るとか、何かしてもらいたいから頑張るとかではなく、

 

 

与えられた場所を大切に丁寧に掃除したり、

来てくれた生徒さんによく意識を向けること、

より良いレッスンができるように自分の練習もよくすること、

 

地味で、成果がわかりにくくて、「いいね」はもらえない、そんなこと。

 

 

私にそれらの仕事を紹介してくれたのは、生徒さんと、元生徒さんだった。

私を間近で見ていてくれていた人たちだった。

 

私という人間を信頼して公共の場に紹介してくれたことがものすごく嬉しかった。

 

私がずっとほしかったもの、

憧れていたのは、

他でもない「信頼」だった。

 

これからもがんばるんだ、とジーンと胸を熱くしながら思ってるところ。

 

そうそう、今日の街頭選挙演説にもジーンときた。

選挙はアピールが必要だね。

そういう世界だから。