su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

骨盤後傾

最近の体の課題は、骨盤後傾。

 

立ってる時は前傾。

座ったり仰向けになると後傾する。

 

座ったときは調整できる。

 

問題は仰向けになったときだ。

 

 

それで、悶々と数ヶ月の間、どうしたものか…と試行錯誤を繰り返していたのだけれど、

 

この前のピラティスで、ローリングというのを教えてもらったとき、(背骨を上から下に一個ずつ、下から上に一個ずつ、床につけたり離したりするやつ)みぞおちの裏側が全然曲がらないことに気づいた。

ちなみにそれは、肋骨が出るところの真裏でもある。

 

先生に聞いたら、腹直筋や腹斜筋がないと肋骨はしまおうとしても限界があるとのことだった。

 

長年無視してきた「腹筋」を使うときがとうとうきたんだなー…と私はちょっと億劫ながらも、課題が浮き彫りになって嬉しかった。

 

それで話は戻って、私は仰向けになったときに骨盤をニュートラルにすると、みぞおちの裏が浮いてしまう。

 

ちょうど、ローリングでロールしなかったところ。

 

で、ふと思いついて、仰向けになり、その部分を手で引っ張って上に伸ばしてみたら…伸びた!

 

そういうわけで、

私の仰向け骨盤後傾の原因は、単に大腰筋とハムが硬いとは言い切れず、もしかしたら腹筋が弱いからかもしれない。

と仮説を立てた。

 

今度ピラティスの先生に聞いてみよう。

 

私もいつかきれいにローリングできるように、練習しようっと。

自分ができるようになったら生徒さんにも教えてあげたい。