su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

尊重したい「自分」って?

約一年前の、

あのイヤな人に会った時の、

「イヤだ」というあの気持ちは、

 

一体なんだったのだろうと、未だに思う。

 

何がイヤだったんだろう。

 

さっき、それがわかった。

 

私は、「自分の気持ちにウソをつく」というのが昔からイヤだった。

いけないことだと思っていた。

 

その「イヤ」だったのだ。

 

「そんなふうに思っちゃいけないよ」という私の理性を優先して、

ガマンしている私がイヤだったのだ。

 

 

ふぅーん。

 

 

でもさ、

 

自分にウソをつくのがイヤだっていう、

その「自分」って、

 

いったいどの自分なの?

 

って考えてみたら、

 

 

「感情的な」自分なんだよね。

 

 

 

…それはもういいや。と、今は思う。

 

感情的な自分はもう尊重しなくていいです。

 

20歳くらいの頃は、

自分とはこの感情だと思ってたから、

感情に従っていた。

それが自分を大事にするってことだと思っていて、それで満足してたけど、

 

今思うと、それはただの子供だよね。

 

ガマンするってのは今でも違うと思うけど、

 

 

感情的にならずに、

ガマンもせずに、

そこにいられるのが成長だと思う。

 

すっきりした。

 

 

どんなことを思っていても、

思ってしまったことは仕方ない。

 

ただ、普通にしてなさい。と。

 

 

尊重したい自分って、

そんなものホントは無いんじゃないかと、最近は思う。