su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

あるものでなんとかする

日本の社会は、選択肢が多すぎる上に、多くが手に入りやすい環境にある。

いろんな場面で。

 

この前、ヴェーダ社会は「この中で何とかしてくださいよ」という文化だと教わり、あれこれ迷わないライフスタイルにシンプルさを感じた。

 

だいぶ前にも「インド人はドライバーがなかったらボールペンで、ボールペンがなかったら…という感じで何とかする」みたいな話を聞いたことがあって、果たしてボールペンで何とかなるかどうかは置いといて、

 

私たちだってダイソーができる前は、ホームセンターに行く前にとりあえず今あるもので何とかならないかなとか、

You Tubeがなかったときは、自分の頭の中で知恵を振り絞ってなんとか工夫していたこともあった。

 

先日、ある場所で使うポイントカードを作っていたら、プリンターのカラーインクが空っぽだったことに気付いた。

互換でもリサイクルでも安く早く買えるんだけど、その後しばらくカラー印刷する予定も無いので、

今回は、モノトーンで何とか可愛く作れないかな、と試行錯誤してみた。

 

結果、良い感じに仕上がったので満足したけど、

イデアを仕事仲間にチェックしてもらったとき、こんなやりとりになった。

f:id:IUB:20180807080446j:image

 

なんかね、

じつは、ちょっと足りないかもとか、あれがあったら便利なんだけど…みたいなときこそ、人生楽しむ大きなポイントじゃない、って思う。

 

あと、節約してることとか、やりくりしてることを、見栄を張らずに言えるのも素直でいいな、って思った。

 

ダイソーには、だいぶお世話になってますけどね。

8月は節約月間なんで、

「あるものでなんとかする月間」と名付けて、

ホントに買わなきゃならないものとそうでないものの区別をつけるトレーニングをすることにした。