su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

気にしなくていいこと、考えなきゃいけないこと

多くの人は、

気にしなくていいことを気にして、

考えなきゃいけないことを考えずに生きてるな…

と思う。

 

それを非難するつもりはないけど、

 

私の場合はそういう人と話すとき、

「この人はそういう人だ」という前提で話さないと、うっかり衝突しやすい。

 

お互いイヤな気分になるので、

 

これからは、

そういうことに気をつけて人と話そうと思う。

 

私はまだ修行が足りなくて、

それを一瞬で見抜けないところがあるので、

 

今からは、

トレーニングのつもりで人と話そうと思う。

 

同じように考えてる人と話すときは、

とても嬉しい気持ちになるから、

そんな会話を大事にしたい。

 

 

ちなみに、

私が考える気にしなくていいことは、

 

なんの発展もない思考。

 

他人との比較や、考えても結論が出ないこと、ただ後悔が募るだけとか、暗い気持ちになったりすることは、だいたい気にしなくていいことを気にした結果だ。

そういうことをグルグル考えても何の意味もない。

 

それと、

自分でコントロールできないこと。

一過性のもの、波があるものなどは、気にしても仕方ない。

最善を尽くしたら、任せるしかない。と、この頃では考えている。

 

そして、考えるべきことは、

 

自分や周りの成長に関わること。

 

なんでもいい。

どんなレベルであっても、

真剣に成長について考えられるなら、その人の未来は明るい。

 

比較もするけど、それは過去の自分との比較で、成長の糧になるものだ。

 

"面倒な方"が大事。

大抵の人にとっては、そういう風になっている。