su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

最優先は信頼

前の2つのまとめ。

 

周りからの信頼があれば、本当になんとかなる。

 

私は、不真面目だった生き方を変えて、

実家に戻り、地元で生きていくことになり、どうしたら気持ちよく生きられるのか考えてみたことがある。

 

で、それはやっぱり信頼関係だと思った。

今でもそれが一番大事だと思っている。

 

信頼関係を築くために一番大切だと思うのは、「私はこういう人間です」というのを隠さないことだと思う。

 

なんか、選挙とかで自分を作り込んでみんなに好かれるように自己アピールするのとは違って、

 

もっとシンプルに、

何か聞かれたときに、はぐらかさないとか、

ウソを言わないとか、そういうことなんだけど。

 

私はよく「生徒さん何人くらいいるんですか?」と聞かれることがあるんだけど、

前からそれがとても嫌だったし、困っていた。

だって、人数なんて常に変動しているものだし、人数によってうちのスタジオを評価されるのがイヤだし、月謝を公表してるから人数をかけたら売上を公開することになるし、

そもそも、人数を聞いてその人のなんの役に立つのかを考えたとき、ただのウワサのネタ(タネ?違いがよくわからない)じゃないか。と思ってしまうので、そんな材料提供したくない。

 

でも私は、はぐらかすのは好きじゃないので、よーく考えて、

「人数は公表してません」と言うことにした。

 

そんな感じ。

 

あとは見栄を張らないこと。

見栄を張ると余計なことをたくさんする羽目になり、肝心なことが置き去りになりやすい、というか、なる。

 

だから私は、見栄っ張りの人と話していると、話の肝心な部分がうやむやになって、いつも「らちがあかない」と感じる。

はぐらかす、というのも見栄っ張りが根底にあるのかな…

 

そして、どんな人と信頼関係を結んでいくかも大事だ。

 

人を差別しないことは大切かもしれないけど、平気で裏切ったり、誠実さや信頼に関心がない人と信頼関係を築こうとする努力は、本当に意味があるのかどうかを考えてみるのもいいかもしれない。

 

 

助けてもらうために信頼を築くわけじゃない。

 

自分が成長するために必要不可欠なカギの一つが信頼だ。

そのあとで、お互い助け合う喜びを得て、更なる成長を遂げていく。

 

そんなヴィジョンを持って信頼を構築できたら、人生で困ることはあんまりないような気がするんだよね。