su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

心の自由

この前のヴェーダンタの講義で、

 

いくら心が成長しても、

嫌な人は次から次へと現れるし、

嫌な出来事もなくならない。

 

という話を聞いて、

 

私はホッとしたんだけど、

別の人は失望したらしい。

 

なぜ私がホッとしたかというと、

心が成長したら「嫌だ」と思ってはいけないし、「嫌だ」と思ってるうちは全然成長できてないと思っていたから。

 

別の人がなぜ失望したかというと、

いくら勉強しても嫌なことがなくならないなら、やる意味ないじゃないか。と思ったから。

 

こんなに捉え方が違うなんて、おもしろい。

 

あなたはどう思う?

 

私は、それでも心を成長させる意味はあると思う。

 

嫌なことがなくならないのなら、むしろ心を成長させたほうがラクに生きられるのではないだろうか。

 

何か嫌なことがあったとき、

心が成長している人と、

成長してない人の向き合い方は、

だいぶ違うんじゃないかな。

 

向き合い方によってもたらされる次の結果、さらにその次の結果…

 

それが人生そのものだもん。

 

今までと向き合い方が変わるから、

結果も変わる。

だから、成長できる。

 

裏を返せば、成長するためには嫌なことが起こらなくてはならない。

 

これは、かなり重要。

 

つまり、嫌なことがその人に起こっているときは、成長のチャンスが与えられているときだ。

 

乗り越えたら、もう二度と同じことは起こらない。

レベルが上がって、もっと大変なことが起こる。

 

え?って思うかもしれないけど、

 

そのハイレベルな問題すら、

心が成長してる人なら楽勝でクリアできるんだよね。

 

人生はゲームと同じだっていうから、

私、ゲームは苦手なんだけど、

カンタンなゲームをやってみた。

キャンディクラッシュ。

 

はじめはカンタンなはずなんたけど、

指がうまく動かないし、

ルールもよくわからないもんだから、

レベルが低いのにすごい時間がかかったり、なんでクリアできたのかわからないってことが起こる。

 

でも、慣れてくると効率よく進めることができるようになってきて、

レベルが上がっても、なんかアイテムとかもらって、カンタンにクリアできるんだよね。

 

それで、ホントだ、人生ってゲームとおんなじじゃん!って思った。

難しいと思うのはクリアする準備ができてないからなんだね。

装備がないと、何回やってもクリアできないんだよね。

 

だから、心も同じで成長させればさせただけ、対処アイテム(自制)が増えて、

外側でいろんなことが起こっていても、

そこに心を囚われず、自由でいられる時間が増えていくわけだ。

 

「あ、ヤダなこの人」って思ったときも、

レベルの低い心だと、

わざとちょっかい出して意地悪したり、

無視しながらもこっそり「あんなことしてる」とか目で追いかけたり、

自分から嫌な気持ちになってるのに「アイツのせいで気分悪い」とか言ってる。

 

でも、心が成長すると、

近寄らない、気にしない、影響されない、でも調和を乱さない、みたいなことができるようになってくる。(はず。)

 

人から信頼されそうな生き方だなぁって思う。

エネルギーが高い。すてき。

 

だから、やっぱり心は成長させた方がいいと思う。

 

心の自由は…あれ?なんか、

お金と時間の自由とかにもつながっている?

 

ってところでおわり。