su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

選択肢を減らす技術

人生において、選択肢を減らすことはかなり重要だと思う。

 

なぜなら、迷ってる間にいつのまにか歳をとってそのうち死んでしまうからだ。

 

私の音声セミナーの先生も同じことを言っていた。

 

具体的にどういう場面で実感したか、私の例でいってみるね。

 

その1

 数年前、私に似合う色や形の服、アクセサリー、髪型、メイクなどを客観的に見てもらう「パーソナルカラー診断」と「骨格診断」を受けた。

 

その後、服の色やデザインを迷うことがほとんどなくなり、「気に入って買ったのに結局着なかった」ということもまずない。

(「安さに惹かれて買ってしまい結局着なかった」ことはあったので、今年に入ってからは、安いからって買わないようにしている。)

洋服を選ぶための時間、無駄にするお金がすごく減った。

  

その2

最近、数秘術で私の人生の基本性質などを教えてもらった。

それを自覚するようになり、今までならしばらく迷ってしまうようなことをサクサク決断できるようになった。

 

迷いそうになるたび、 

どうせ始めは理解されないって言われたし、とか 

自分がこれ!と思ったことはやった方がいいんだっけ、とか

言われたことを思い出して、

無駄に考えないようにしている。

  

以前の私は、過去の経験を参考にして決めることしかできなかったから、

なかなか踏み出せなかったり、

いつまでもグルグル考え続けて目が回ったりしていた。

 

数秘術のアドバイスのおかげで、

やらなくていいこと、

持たなくていい感情が具体的にわかってきた。

処理するスピードが上がるし、

やることが減って楽になる。

 

 

こういったアイテムは、

無駄なエネルギー消耗を減らしたり、

自分が成長するために役立てたりと、

実際に行動に移すから意味がある。

 

で、そんなに無駄を減らしてどうするの?全然忙しくもないのに。

 

と言われてしまうかもしれない。が、

 

忙しくて疲れるのは、肉体だけじゃないのね。

 

頭の中、

つまり「心」を休ませてあげることで、

余計な考えが減って、

余裕ができる。

 

そうすると、

 

いい感じに前向きになれたり、

いいことを閃いたり、

自然に健康に気をつかうことができたり、

 

勝手に心地よく生きることができるようになってくる。

 

ちょっとくらい嫌なことが起こっても、

 

自分の成長のために起こってるんだな、って、前向きに取り組める。

 

そういう人は世の中にとっても、

とても大事でしょう。

 

大事じゃない人になるより、

大事な人になった方が、

いいんじゃないかな、って感じがするんだよね。