su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

人口知能に職を奪われないための方法を閃いた

今、ネットで将来無くなるかもしれない職業と、無くなりにくい職業という表を見ていた。

 

それをみていたら、閃いた。

「人口知能に職を奪われないための方法」

 

すごくカンタン!

 

ヴェーダでは、こう教えている。

 

「生命の本質は成長であり、

人生の目的は幸福の拡大である。」

 

ちなみに、幸福が指すものは何かというと、

「他者の成長や幸福を願うこと」だ。

 

人の生きる目的は、

正しく進めていくことで、

完全に宇宙にサポートされるものである。

 

だから、もしあなたが、「将来私の仕事はロボットに奪われてしまうかもしれない…」とか心配して転職するつもりなら、

 

あなたは一体、「誰のどんな成長や幸せを応援したいのか」ということをまず明確にして、それに向かって進めばいいと思う。

 

それが叶えられる環境が見つかるまで転職を繰り返しても構わない。

 

リミットはあなたの年齢ではなく、

ロボットが職場に導入されるまでだ。

 

ヴェーダが言う「人間の生きる目的」はさすがにロボットでも奪えないだろうと、私は思うんだよね。

 

ヨガインストラクターはどっちの表にも載ってなかったけど、私は別にどっちでもいいわ。

ロボットのレッスンも一回くらいは受けてみたい。