su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

それは自然じゃない

夜になったら自然に眠くなるはずなのに、眠くならない。

 

それは、自然じゃないから。

 

自然に調和していないことがその人の中にあるから。

 

不眠は本当に深刻な悩みだけれど、聞いてみると夜の過ごし方が乱れてるなぁ、という人が結構いる。

それじゃあ自然に眠気は訪れないかも。

 

でもそんな人は、生活を整えれば解決する可能性も高いので、まだいい。

 

問題は、規則正しい生活をしているのに眠れない人。

冷えてもいない、食事も気遣っている、多忙でもないという。

 

じゃあ、ストレスかな?

という言葉でだいたい話は終わる。

 

でも私は、やっぱり自然に眠れないということは、どこか不自然なところがあるはずだと思う。で、さっき「こうじゃないか」と思ったことがあるので、発表します。

 

自然に沿った生活は、早寝早起き朝ごはんのことだけではなく、思考、言葉、行動全てにおいて当てはまるのではないか。

例えば、心配や不安だらけの思考。

例えば、日中の喋りすぎ。

例えば、人間関係や環境に対する非調和的な行動。

 

など、思考、言葉、行動には多くの側面があるけれど、それらの何かが致命的に不自然に傾いているのではないだろうかと思う。

 

不自然な思考、言葉、行動はもちろん、不必要なストレスを生むので、ストレスが原因で眠れないかもと思うなら、その辺りを点検して修正するのがいいと思う。

 

それにはやっぱり、心の成長が大事だなあ。と思う。