su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

類は友を呼ぶ

友、というのは、ある人の周りに寄り添い集まる者だそうだ。

 

自分が素直だと周りの人も素直だし、

優しい人が周りにいっぱいいるなぁって人は、実は自分が優しい。

他人の評価が気になってばかりの人は、周りの人も評価したりされたりで、

自分が不誠実なことばかりしていると、周りの人も不誠実だ。

 

いくら納得いかなくても結局、世界は内面の投影だもんね。言い訳できない。

 

類は友を呼ぶとか、

人のふり見て我がふり直せとか、

ことわざって結構真理をついてくる。

 

目の前の現象を変えたいならやっぱり、まず自分が変わらないとな。

 

ちなみに、友達というのは対等な付き合いをする人のことらしい。

対等って…なんか、優劣がないとか、上下関係がないとか、そういうレベルの定義なんだ、って思った。

 

私、理想主義だから。

二極性を超えて、お互い尊敬できる人間関係を作っていきたい。

 

なんてことを考えた。