su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

情熱の波及とゴールのこと

私の先生の先生はヨガにとても情熱的であるというエピソードを聞いた。

 

そんな先生についているから、私の先生もとても情熱的だ。

 

私にもその情熱が波及してきていると思う。

 

そして私が情熱的だと私の生徒さんたちも情熱的になってくる。

 

そうやって、情熱は波及する。

  

私は、自分を無理やり情熱的でいさせることはできないけど、多分このままいけば大丈夫だと思う。

 それは、極めていくということは、別に終わりに近づいていくということではないことを学んでいるからだ。

 

何をやっていても、ヨガでも、仕事でも、趣味でも、自分で終わりを設定した人はいつか終わるし、設定しない人は終わらない。

 私らがいつも思い描くゴールというのは「解放される喜び」を目指している場合が多い。

「早く終わりたい」という動機があって、それが推進力になっていることがほとんどかもしれない。

 

でも、本当のゴールって、なんかそういうんじゃないよなぁ…って気がしてる。

始まりとか終わりとかがないところに行くこと、みたいな、うまく言えないけどそんな感じのことなんじゃないかな。