su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

ヨガのこと

ヨガの効果

ヨガは、心と体の調子を整えるのに本当にいいものだと思う。 でも、どんな風に役立てていくかは本人が自分の頭で考えなくてはならない。 それを考えた人だけが、その効果を得られるのだと思う。

軸、軸、とよく言うけど、 軸って何を指すのか、結構曖昧だ。 私が考える軸とは、 「沿っている価値観の秩序」だ。 よく、「軸がない」とか「軸が欲しい」などと言う人がいるけど、 それってつまりは、「何のルールに沿って行為したらいいのかわからない」と…

ほうれい線

そういえば、いつのまにかほうれい線が気にならなくなっていた。 そりゃあ、昔に比べればたるんだと思うけど、気にならない。 何が功を奏したのかはわからないけど。 首の筋肉が強くなったのだろうか。 上を向いて寝るからだろうか。 姿勢が改善されたのか。…

ヨガを語るまい

ヨガに固執して、何でもかんでもヨガと結びつけて話しているのを耳にすると、本当にめんどくさいなと思う。 わざわざヨガと結びつけなくても説明できるでしょうに。 ところで、私が一番困るのは「ヨガって〇〇なんですか?」と聞かれること。 ヨガの先生をし…

自分の体を大切にするということ

こんな本を読んでいる。 前々から読んでみたいと思ってたのだけど、 最近、「今の私、食べ方が乱暴だったな。」と感じることが重なったのでこのタイミングで。 妹は、私が料理するのを見て「おいしく食べようとしてるのが伝わってくる」と言ってくれる。 は…

口テープ

ヨガの先生に口テープを勧められて数日試している。 以下、気付いたこと。 ・口が開かないので、奥歯をつい噛み締めてしまう瞬間がある。(デメリット?) ・舌が上顎に固定され、マスクをしなくても鼻の奥が乾燥しない。 ・舌が固定されることで、自然と筋ト…

ステップの一つだった。

2017年の私は、「ヨガの教え、ヨガの教え」って一生懸命ヨガの教えを学ぼうとしたり、誰かに伝えようとしたりしていた。 去年からヴェーダンタの先生について学ぶようになり、「聖典は伝統にそって教え継がれた先生から学ばなければならない」ということを教…

スリッパ

去年の冬、かわいいなぁと思ってたスリッパがセールだったので家用とスタジオ用に二足買った。 ところが、かわいいけどすごく履きにくくて、外体重になってしまう。 そんなスリッパを履き続けていたら体に変な癖がついてしまったみたい。 自分でもはっきりわ…

ステップ

みんなで同じことをしていても、 一人一人課題は違う。 たとえばヨガスタジオだったら、 続けることが課題の人、 クラスの雰囲気に慣れるのが課題の人、 運動を習慣にするのが課題の人… と、ヨガのポーズを上達させたい、などの目標を持つ前にやらなきゃなら…

原因の追究と対策

ヨガをしなかったのが原因で、 太ったり、不眠症になったり、股関節や膝が痛くなったなら、ヨガをすれば治るかもしれないけど、 なんで太ったのか、なんで不眠症になったのか、なんで体が痛くなったのか、 大抵の場合、原因はヨガにはない。 原因はその人の…

体が満足するものを

アーサナを教わり、教え、練習する日々の中で思うことは、 本当に体が満足することをさせてあげたい。 心ではなく。 体が。

無理矢理結びつけなくても

私は、 ヨガを無理矢理精神的なものと結びつけなくてもいいと思ってる。 単に、体が伸びて気持ちがいいとか、 血行が良くなって顔色が良くなるとか、 それで十分じゃない。と思っている。 ヨガを、精神的成長に結びつける場合、 まずその人にその気がないと…

コツコツ続けるしかない

私が思うに、 ちゃんとやるとか、できるとかできないとか、 そんなことは全然重要ではなく、 それに向き合う心、姿勢が何より大事だと思う。 たとえばヨガなら、 練習を丁寧にコツコツ続けていくことや、 自分の癖を発見しようとよく観察したり、 いろんな角…

修正のタイミング

教えてくれれば直せると思ってるときは、 まだ直せない。 直してもらいたい、という気持ちが強いときは、まだ自分で自分を見ようとしていない。 先生は、外から見てるからわかるんだと思う。 他人が口や手を出してもまだ直せない、ということ。 たとえ本人が…

順序

お風呂に入りながら、今年はお金についてよく勉強したなぁと振り返っていた。 そのとき、「あ、でも、お金についてというよりかは、私のお金に対する姿勢について、だな。」と気付いた。 お金について学ぶとき、だいたいの人は「お金とは何か」について学ぶ…

うまくやろうとしないで。

質を先につくりましょう。 とドミニカ先生がおっしゃっていた。 アライメントベースのヨガを練習していると、すぐに限界に直面する。 ちゃんとやる、って簡単なことじゃない。 「質」を無視しがちなときは、どんなときだろうか。と考えてみた。 一つは、「周…

ヨガの意味

最近始めたピラティスがおもしろくて、私のレッスンの中でも、ロールアップなんかを(まだ自分ができないのに)「こうやってやるんだよ」とか言いながら教えたりして楽しんでいる。 最近自分が教えていることは、 股関節周りのストレッチ、脚を使うポーズ、肩…

骨盤後傾

最近の体の課題は、骨盤後傾。 立ってる時は前傾。 座ったり仰向けになると後傾する。 座ったときは調整できる。 問題は仰向けになったときだ。 それで、悶々と数ヶ月の間、どうしたものか…と試行錯誤を繰り返していたのだけれど、 この前のピラティスで、ロ…

満足を越える

昨日初めてピラティスをやった。 あまりにもできないので、できるとこまでやることに決めた。 いろいろなことを考える。 ヨガを始めた頃は、ただ柔らかくなりたいと思っていた。 次に、筋力も要るんじゃないかと気付いた。 時々、正しいポジションでポーズを…

過大評価されるヨガ

ヨガを愛してやまないと、 ヨガを過大評価しがちだ。 ヨガをやってるからではなく、 その人のヨガに向かう姿勢によって効果を得ているのだ。 ヨガをあまりにすごいものと思い込むのは、ヨガを宗教のように崇拝しているのと同じだと思う。 …そこで人々は思考…

自分の軸

よく、生徒さんからレッスンの後に「軸がないからグラグラするんですよね?」などと、「軸」というワードを使って質問されることがある。 そうすると私は、内心ビクッとして、 …軸って、私、よく分からん。 と思っているので、 「あー…うん、そうかもしれな…

先生の言うことを理解したい

相手の見ている位置まで移動する過程が成長なのだと思います。 それと、また適当なことを言ってしまいました。 私の先生は「癖を癖として認識するところから始まる」とおっしゃいました。 それなのに、"認識する"を「受け入れる」と言ってしまいました。 ご…

癖に負けるとき、使命とは。

今日のおやつはなんと、 イカの塩辛ご飯でした。 その後、ポテトチップスのり塩パンチとドトールのコーヒービーンズチョコをお母さんと半分ずつ食べて、まだまだ夕ご飯も食べられそうなわたし。 台風が近づくと、おいしいおやつを買って家に閉じこもるのが楽…

熱弁したい、成長を焦るな。

忘れられない言葉ってあるだろうか。 少し前、みちか先生の授業でカースト制度の説明を聞いていた時、 「人気のある職業にばかり人が集まって、必要なところに足りなくならないように…」 と先生はおっしゃった。 その言葉がずっと心に残っている。 確かに、…

いいあんばい

ちょうどいいところというのは、 なかなか目視できない。 感覚で覚えていった方がいいと思うけど、 その感覚も日によって変わるし、 上達してもまた変わる。 いつものようにやっていることが、ある日突然、「大げさ」になってしまうこともある。 だから毎回…

呼吸を放置しない。

息が荒いひとが近くにいると、 ソワソワしてくる。 息が荒いって、 人の不安や心配を煽る行為なのだと最近気づいた。 わざとじゃないよ、って きっとみんな言うと思うけど、 わざとじゃなければ放置してもいいのだろうか。 どうでもいいことだろうか。 なん…

素直さ

先入観がなければ、 言われたとおりに動ける。 もっと伸ばしてあげたいし、 もっと耐久力をつけてあげたい。 その気持ちが先走るから、 素直に動けなくなる。 なんか、素直さをキープするヒントが、 もうすぐ見つかりそう。 自分はできてる。 それは私のこと…

乱用

言葉も、思考も、感情も、ヨガも、 道具の一つでしかない。 間違った使い方をしたら、 野菜を切る包丁を振り回すのと同じで、 危ない。 自分も、他人も傷つけてしまうかもしれない。 道具を乱用することは、 その道具本来の仕事を奪う、 ということにもなる…

もう、大げさにやらなくていい

私の体はクセが強くて、 もう何年もアライメントベースのヨガを練習してるのになかなかクセが取れない。と思っていた。 この前の練習で、 「大げさにやり過ぎなのね、もっとほんのちょっとでいいよ」と先生に言われて、 「前は大げさ過ぎるくらいやらないと…

なにかが違う、説明しにくいこと

私は、コアが弱い、というか、うまく使えない。 私がコアと呼ぶ部位は、 下腹部の辺り、骨盤底のあたりなんだけど。 最近、ちょっと説明しにくいんだけど、前とは違うぞ、ってことが何回もある。 それは、床に座っているところから立ち上がる時、今まで下半…