su-haku

最近は、私が考えること、言うこと、することが誰かの役に立ちますようにと願いながらかいています。

コロナ騒動中の日記

とりあえず、封印

とりあえず、政府からの再要請がくるまでは、 コロナは封印! とした。 もちろん、周りの人に不安を与えないように行動するけど、 コロナの話題は、個人的には元気がなくなるし、心配になるだけで、本当にウンザリする。 そんでホントのとこいえば、 私は、…

本当に起こっていることは

ニュースアプリを消してよかった。 毎日の感染者数が気にならなくなったし、 目の前で起こっていることが現実になるから。 目の前の世界は、とても平和だ。 いろいろなウワサ、大変なこと、こわいこと、不安になること、 そういうのは、多少入ってくる。 そ…

不安がないと探してしまう

ただ今、カミナリを見学しながら、書いている。 梅雨、というより、夕立だね。 1日の中でも天気はこんなにも変わるもんで、 私の心もいろんな考えが飛び回る。 最近、楽しい時間を過ごすほど、その後で、「こんな時にこんなに呑気にしてて大丈夫かな…」と不…

先が見えない世界で

この先世界はどうなっていくのか、 多分誰にもわからない今、 この状態がいつまで続くのか誰にもわからない今、 それでも時間は刻々と過ぎている。 昨日、ある人の言葉、 2年後とか5年後、仮に今いる業界が消滅したとしても、後悔しないくらい一生懸命やる。…

オンラインのこと

コロナでオンラインツールが脚光を浴びて、 多くの人が「これからの時代は会議やヨガやレクチャーはオンラインが定番」と言っているみたいだけど、 ホントにそうかな、と思う。 一時的な流行かもしれない、と。 コロナがなければ、 会って、空間を共有するの…

何のためにやってんのか

オンラインヨガ、っていうけど、 何のためにやってんのか、レッスン受ける方はわかってんのかな、と思う。 聞こえのいいこといろいろ言っても、 お金だよ。 みんなお金のためにやってんの。 コロナになる前から無料の動画なんてわんさかあったのに、コロナに…

違和感

運動不足を補うためにわざわざ時間をとる…。 これにすごく違和感を感じる。 ずっと感じていた。 家の中で足踏みしたり、 スクワットしたりとか。 その時間、もっと家事をして動けばいいのに、と。 階段を昇り降りしたり、お風呂掃除や洗濯干しで立ったりしゃ…

腹をくくる電子レンジ

スタジオに電子レンジがあったらいいのになぁ〜とずっと思っていたけど、 無いと困るほどでもなかったので、無いまま過ごしていた。 今回、スタジオ再開にあたり、 腹をくくって仕事に臨む意思表示として、 …というか、温かいものを食べたり、蒸しタオルを作…

ミニマム

今日で、自粛生活おわり。 明日からスタジオ再開の準備。 この特別な季節、すごくいい時間が過ごせた。 お金の心配がなければ、最高の日々。 …かなぁ? いや、期間限定だからこそ、最高だった。 私には仕事の他にもやりたいことが山ほどあるので、この期間に…

悩めない日

今日は、 どんなに頑張っても悩めない… というほど気持ちのいい日でした。 仕事して、忙しく活動してたら、気付けたかな、こんなこと。 つげの木の剪定、バッチリやってやった。

誰も言えないこと。

今日見かけたいろんなひと、こと、 自粛生活に入った途端に人が増えたチャンティングのクラスが、もとの人数に戻ってたことで、 ああ。と思った。 「コロナは終わりましたよ」とは、誰も言えないのだ。 コロナにかかってももう大丈夫ですよ、とは。誰も言え…

自浄力

自分で自分を浄化する力。 どれくらい持っているだろうか。 肉体だけではない。 心も、持ち物も。 自浄力を高めるメリットは何だろう。 メリット…。 浄化されて初めてわかる感覚だ。 どんなに要らないものでも、手放すときは、怖いし、ちょっと苦しいけど、 …

急いでも1億人

どんなに焦って急いで行動しようとしても、 日本には1億人以上いるのだから、 行列は長いし、 なかなか進まない。 昔、市の健康診断でスイスイ進むには、最後の10分くらいに着くようにしたら良かった、という時が一度あったけど、 その後は、最後の方も混ん…

忘れてはいけないこと。

焦らないこと。 思い通りにしようとがんばらないこと。 自分が思い描いた方法で叶うとは限らないということ。 忘れてはいけないことだ。 私なんか、そういうことをすぐに忘れてしまうから、やっぱり近くに誰かいてくれるとありがたい。 全てはベストなタイミ…

人間らしい生活を

「新しい生活様式」とか「新しいライフスタイル」とか、 ほんっとに、なんの専門家なんだかさっぱりわからない"専門家"が無責任に言ってるけど、いい加減にしてほしい。 新しいライフスタイルを提案するのなら、「人間が人間らしく生きられるライフスタイル…

世間の記事から

SNS上での誹謗中傷による自殺について思うこと。 人を許せない、 恨み続ける人生というのは、 なによりもさびしく、悲しいものだと思う。 感情は、 最も激しく、 また、 人生を台無しにするツールでもあり、 取り扱いには、非常な注意が必要だ。 それにも関…

スズメバチとの戦い

ニゲラ、ディアボロ、ジギタリスの季節。 昨日は、軒下というか、サッシの窓枠にスズメバチが巣を作ろうとしている現場を発見したので、夢中で妨害した。 お互い、出来てからではおそい。 鳥の巣もね。 窓を開けたら落ちるような場所に巣を作っていたので、…

いや〜な感じに…

数日前に本田健のPodcastを聞いてしまってから、なんかいや〜な感じになってしまった。 私の場合、こんな時は一旦、底まで行った方がいい。 くだらない、根拠のない、不安を煽る記事をとことん見まくって、一体私はどう感じているのかはっきりわかるまで、沈…

そのティーシャツ、捨てる前に

そのティーシャツ、捨てる前にマスクにしませんか? これから暑いし、機能より気遣いでマスクをしている…という人、正直、多いのではないでしょうか。 ヨガをするときも、一応マスクをするなら、できるだけ薄く… 型紙はYouTubeで。 切り抜くだけで、簡単すぎ…

「有名」はもう要らない時代

お気に入りの赤いものだらけの棚。 今までの時代は、 「有名=影響力=最先端=成功」 みたいな図式で成り立っていたと思う。 拝金主義が席巻する社会では、有名になることが、大金を手にすることであり、人生の成功のようなところもあったのかもしれない。 …

暇だった。

昨日は一日中なにもすることがなかったので、 20代の頃夢中になった何人かのスピリチュアル系の人たちをネットで追った。 ゲリーボーネルは、あんなに予言を外しているのに、まだ人気があるんだな、と思った。 本田健は、ポッドキャストを見つけたので、はじ…

特にすることもない

なんて昭和な、侘しい光景…。 と思ってつい撮ってしまった。 モノクロにすると、より侘しい。 天気は、今日も明日も雨らしい。 私は、今日も明日もやることがない。 学生のときのよう。 短大生のときは、バイトと遊びでほとんど家にいなかったような気がして…

焦る必要のない生き方

私は昔からみんなと違うことばかりしていて、 周りの大人には、 自分勝手だとか、協調性がないだとか言われ続けてきた。 そして、それがコンプレックスだった。 もっといい方法があるのに、非合理的なやり方で仕事をしなければならない理由を誰も教えてくれ…

幸せの在り処

みちか先生が、「求めても仕方ない場所にみんな幸せを求めているうちに、一生終わってしまう」というようなことを、よく仰る。 なるほどー。と思ってはいたけれど、 そのとても身近な例に最近気づいた。 甘いものとか、おやつがやめられないのはなんで? と…

客観性が高くなるから。

そういえば、 ベジタリアンとかヴィーガンになると直感が冴えるらしいよ、とか言う人がいたので、私はどうかなぁ…?と考えてみたのだけど、特にそういうことはないかなと思う。 全部のベジタリアンとかヴィーガンが冴え冴えしいわけでなく、 アヒムサーをベ…

定義がバラバラなので

健康って、どういう状態をいうのか、 みんなバラバラだから、 それぞれの「これが健康」っていう基準に基づいてみんな生きているんだなぁ…と、今更ながら思った。 ということは、 その他のことについても、 結局は、みんなバラバラの答えを持っていて、統一…

見返りを求めずに人の役に立てるとき

「1か月そこらで立ち行かなくなる生活なんて、はじめから破綻している」 と、尊敬する先生がおっしゃったが、 その通りだと思う。 社会が緊急事態になったとき、(自分はそうじゃなかったから余計に。)これまでの日常がもう戻らなくなることが、悲しかったり…

自分のことばかり

気持ちに余裕があるときのことを考えてみると、 そんな時って、 世の中ってあんな人もこんな人もいて、 私が想像できないくらい大変な思いをしている人がたくさんいて、 お友達がたくさんいてもお金がいっぱいあってもやっぱり孤独だったり、 みんなに変人扱…

ニワトリで気付く夏の訪れ

昨夜は部屋に蚊がいて、 夜中起こされた。 目覚ましで起きた時、 近所のニワトリが鳴いていて、 ああ、そうだった、と思い出す。 夏は、蚊とニワトリが私の睡眠を邪魔するんだったっけ。 だから早く寝なくちゃ。と。

世界中が時々お休み、という時代

やっぱり、空気が澄んでいてキレイ。 気持ちいい。 もしこのままコロナが収束するなら、 だいたい、都市部は3カ月くらい、こっちの田舎の方はその半分くらい…そんな感じでまたいつもの生活に戻っていくのかな。 でも、何かは少しずつ変わって…。 いや、別に…