su-haku

ヨガと、私が考えてること。何年かに一度インドに行きたくなります。

苦手な人の対応2

物事に対する姿勢は、 「対応」よりも抽象的な、 「応答」という選択肢もあった。 応答の世界は、広く深い。 何もしなくていい。 気に入らなくてもその状況とただ一緒にいる。 それだけでいい。 私の世界観に新しく入ってきた選択肢。 今思うと、 いつも「何…

苦手な人への対応

人間関係は1つ1つ違うけれど、 相手と距離を置くことが許される間柄なら、 関わらないのが一番いいと思う。 逆に、 どんなに苦手でも、 離れられない人というのもいるので、 その場合は、 向き合わなければならないということだ。 それは仕方ないことだ。 …

抽象思考

抽象思考っていうのを練習しているところ。物事をより高い視点で見る方法だ。 1つ1つを見て、別々に考えて、1個ずつ時間をかけて解決するより、 ちょっと遠くから見てみて、 AもBもCもまとめて一回で済ませるにはどうやったらいいかな…と考える方法だ。 こ…

心の自由

この前のヴェーダンタの講義で、 いくら心が成長しても、 嫌な人は次から次へと現れるし、 嫌な出来事もなくならない。 という話を聞いて、 私はホッとしたんだけど、 別の人は失望したらしい。 なぜ私がホッとしたかというと、 心が成長したら「嫌だ」と思…

自分の負けパターンを知る

ライフスタイルを整えはじめたりして、 なんとなく、 うまくいってるぞー…って感じがしてきた、 と思うと、 何かの拍子にまた過去の悪習慣に引っ張られて、 あっという間に逆戻り…という経験がある人は、結構いると思う。 そんなとき「自分の負けパターン」…

成功者はなぜ富豪なんだろう

「成功本」に書いてあるのは、 たいてい 「お金と時間の自由」。 お金も時間も自由になったらもちろんいいけど、 そんなにお金がたくさんなくても、割と自由な生活はできるだろうに。 なんで成功本の著者はみんな富豪なのだろう…? と、ずっと不思議だった。…

選択肢を減らす技術

人生において、選択肢を減らすことはかなり重要だと思う。 なぜなら、迷ってる間にいつのまにか歳をとってそのうち死んでしまうからだ。 私の音声セミナーの先生も同じことを言っていた。 具体的にどういう場面で実感したか、私の例でいってみるね。 その1 …

未来から来る今

精神世界では、 時間は流れてるように見えるだけで、流れてはいないという。 「原因があるから結果が出る」って考え方が当たり前って思ってると、 なかなか過去→現在→未来の図式から抜けられない。 いつだって、今の私は過去の経験の積み重ねでしかない。 精…

受容ってどうやってやるんだろ

私は、結構流されながら生きてきた。 37年間。 特に25歳を過ぎてからは、 どこに自分の居場所があるのか見つけるために、 誰かに誘われたり、何かきっかけがあると、 じゃあやってみるかって感じで好きな方へ好きな方へ流れて、 今この仕事だ。 こうやって流…

自分がやってみせる

私は、ヨガを通して何を伝えていきたいのか、というのをよく考える。 考え過ぎて、よくわからなくなることがある。 それは、何か壁にぶつかったときが多い。 でもやはり、いつも同じ答えに戻ってくる。 私はヨガを通して、関わる人の人生をより豊かにしたい…

ヨガの先生と男の人の会話

私は、女のヨガの先生が男の人と会話する場面を見るのが好きだ。おもしろい。われながら趣味が悪いと思う。 ある種の先生と、ある種の男性の組み合わせなのだけど、 とても論理的な、 思考タイプの、 いかにも男性って感じの人が、 ちょっとアクティブなタイ…

無条件の愛について

ヨガの勉強をしていると、よく 「無条件の愛」とかいう言葉が出てくる。 私はこれが全く理解できない。 そもそも「愛」がなんなのか、 よくわからないというのがあった。 「愛」の概念は多様すぎて、ハートの形は頭の中に思い浮かぶけど、実際に今まで経験し…

人をイメージで見る

この前、 この人は私をイメージで見ているのかな… と思うことがあった。 私は、 質問されたり意見を聞かれたりすると、 割とはっきり思っていることをいうので、 冷たいとかきついとか言われたりすることがある。 普段人からどう見られているかはわからない…

テレビをつけてごはん

私はできれば、ごはんを食べるときくらいはテレビを消したい。 一人暮らしだったらテレビは買わないけど、家族と住んでいるから自由にできないこともある。 最近特に、 朝ごはんの時のテレビが嫌で、 「消していい?」って聞くとみんな嫌そうにする。 そうか…

人間関係大事にしますの微妙

生きる目的が、 ダルマに沿って幸せを拡大することなら、 別れ際にそんなに悲しまなくてもいいじゃないか、とこの頃は思う。 別れることが必要だから、 別れが起こるわけで、 それは幸せのためのきっかけだと思う。 いや、さすがに誰か身近な人が亡くなった…

意識で生きている

日曜日のワークショップで、 ドミニカ先生がおっしゃった 「私たちは意識で生きているから」 という言葉が印象的だった。 同じ時間や空間を共有していても、 一人一人見ているもの、感じることが違うちょっとした孤独とか、 あの楽しかった時間はもうどこに…

まゆげのこと

体の中で、もっともほったらかしにしている場所は、まゆげかもしれない…と突然思った。 あまり流行を追いかけない私が、 まゆげだけ流行りの形にしても多分おかしいことになるし、 長谷川潤ちゃんみたいな太いまゆげはとってもかわいいな、と思うけど、顔が…

筋肉痛は気が散りやすい

昨日は、楽しみにしていたワークショップがあった。 とっても濃密で、素晴らしい時間だった。 夜もぐっすり眠れて気持ちよかった。 でもちょっと張り切りすぎたみたい。 朝から全身筋肉痛。 久しぶり。 いつもの練習も結構張り切ってるんだけど、だいたいレ…

目的にしてはいけないこと。

目的にしてはいけないこと。 お金を稼ぐこと。 健康になること。 知識を得ること。 これらは、私たちが成長するため、幸福を拡大するための手段であり、 目的ではない。 逆に、これらを自分の成長や幸福の拡大のために得ようとすることを忘れなければ、 大丈…

空想をしない。

エネルギーが、漏れているとしたら、どこからだろう…と考えてみた。 過去や未来に飛んでいくのもだいぶ減ってきたし、 いつまでもベラベラしゃべったりもしないし、 お金の使い方も変えてきてるし、 健康もなかなかいい感じだし、 大したストレスや疲れもな…

算数は苦手で

黒澤全の音声の中で、 「1+1が2の目的ってなに?」 って言ってるところがあって、 最初は、ふぅ〜ん…?って思いながら聞いてたんだけど、 ゆうべ「あ、ホントだ。1+1が2ってなんだろ。」と思った。 私は、1+1=2ですよ。って、一例を見せられ、学校で教えられ…

許すということ。

ここ数日、「許す」ということについて考えている。 急に頭に浮かんできた、ある男の人。 昔の職場の先輩で、苦手だった。 なんかずっと好きになれなかった。 私に意地悪を言ってくるから。 でも、なんで意地悪されたのか、今では分かるような気がする。 私…

着ぶくれる

寒いので、ヨガレギンスの上にフリースパンツを履いている。 確かにあったかいのだけれど、 関節の可動域が狭くなり、大変動きにくい。 そこで、これは太っている人の疑似体験をしているんだな、と思った。 あ、私は痩せてます!って言ってるわけではなくて…

本当に気持ちがいいことをやる

新しい勉強をし始めて、自分を整えることに熱心になっている。 丁寧にやるのは気持ちがいいとわかってくると、雑な人が目につく。 ちょっとそれヤメテ、と思って、特に家族に対してあれこれ口を出してしまう。 そして、そんな自分が心地よくない。と思うよう…

言葉

その人がなんとなく言った言葉に、なんともいえない惨めさや、諦めを感じた。 言葉って、今まで内面を隠してしまう要素の方が大きい気がしていたけど、 結構本音が感じとれるものなんだな…と思った。

半年間を振り返って2017.8月〜2018.1月

去年の8月に車を買うことになり、お金の使い方を見直すことにした。 家計簿を細かくつけて数カ月見直してみると、自分の癖がはっきりわかった。また、お金の使い方とライフスタイルがリンクしているのに今更ながら気づいて、行動パターンや、出入りする店な…

人口知能に職を奪われないための方法を閃いた

今、ネットで将来無くなるかもしれない職業と、無くなりにくい職業という表を見ていた。 それをみていたら、閃いた。 「人口知能に職を奪われないための方法」 すごくカンタン! ヴェーダでは、こう教えている。 「生命の本質は成長であり、 人生の目的は幸…

人と関わるか、モノと関わるか

ヨガを教える立場になって5年近くになるけれど、 意思疎通がスムーズにいく生徒さんと、そうでない生徒さんがいるなぁ…と思う。 どっちがいい、悪いってことではないけれど、 なぜなのか…。 ふと気付いたのは、 生徒さんの中には、 私と関わっている意識の人…

シェアの仕方

昨日は、ヴェーダンタの講座に初めて参加した。 私がしている勉強を周りの人たちにシェアしようとしたとき、今まではクラスを作ってそこでいろいろ説明して知識を教えるのが私にできる方法だと思っていたけど、昨日、その考えがちょっと変わった。 今は「教…

相手は悪くない

最近、苦手だとか嫌いな人だとか、よく言っているけど、別に相手は私に嫌がらせをしたり、文句を言ったりするわけではない。 私の問題なのだ。 その人の振る舞いを見ていると、私自身の嫌なところを見ているようで不愉快になってしまうのだ。だから、なるべ…