su-haku

最近は、私が考えること、言うこと、することが誰かの役に立ちますようにと願いながらかいています。

イーシュワラヤ ナマハ

ヴェーダンタを勉強し始めて、

 

世界はいつだってあるべき姿で、私の気にいるか気に入らないかに関係なく、正しかったのだ、ということがわかった。

 

だから、個人的な目標はあれど、私の気にいるようにわざわざ状況を整えようとすることにあまり意味はないと思うようになったし、

 

どんな現状も私に無関係ではなく、私がしてきたことの結果である、という事実を受け止める心の準備もできた。

 

もちろん、ああなったらいいな、こうだったらいいのに、という願望がなくなるわけではない。

 

でも、

今あるものがこれまでの結果なら、

だんだんと何をしたらどうなるのか、ということはわかってくるものだ。

 

自分勝手な望みは、引き寄せたところでそれほど大きな喜びにはならない。

 

やはり以前先生がおっしゃっていた、

「私の幸せ=世界の幸せ」

であることが叶った時、本当に嬉しい気持ちが湧いてくるし、

「なにもなくても幸せ〜」と感じることもできるのだと思う。

 

イーシュワラは、この世界の法則の現れだと教わった。

 

今、私を取り巻くこの世界は、

メディアを取り込むと恐ろしい世界になるけれど、

取り込まなければ平和そのものだ。

 

メディアというのは影響力のあるフィルターの一つのようで、あるのとないのでは、世界の見え方がかなり違う。

 

不安を煽るものと少し距離をとれば、私が今いるこの場所は、この上なく居心地の良い、穏やかな場所だ。

 

どんな風に世界を見るかは、その人の手に委ねられている。

 

私の目に映るイーシュワラは、ナマハしきれないほどナマハな存在。

人生を楽しむのが上手い人

みんなが同じ場所で生きているのに、

人生を楽しむのが上手い人と、下手な人がいる。

 

いくらお金があっても、人生を楽しむのが下手だと、いつも怒ったり、悲しんだり、不安や心配に圧倒されてしまう。

 

感情的にしているのが楽しい人もいるだろうから、そういう人は幸せなのかな?

よくわかんないけど。

 

一方では、周りからみたら「あらら、大変!」という状況でも、のんびり構えて楽しそうにしている人もいる。

それが見せかけでないなら、人生楽しみ上手だな、と思う。

 

人生、どこでどんな風に転がっていくのか、本当に見当がつかないものだ。

だから私も、楽しんで生きるんだ。

 

自営業のおもしろさ

この数ヶ月の社会状況には、多かれ少なかれ、みんなが巻き込まれているのだから、それぞれの立場でそれぞれの言い分を言い合っても仕方ないと思う。

 

みんなの生活が、何かしら変わっている。

 

私だって、同じ仕事を同じ量しても月収は半分以下だ。

 

でも今朝、私は思った。

 

それが自営業のおもしろさなのかな、と。

 

私の毎日は相変わらず楽しいし、

周りに明るい人たちがいっぱいいて、

あれこれ笑いながらおしゃべりしてお互いいっぱい元気をもらってる。

 

お金も、なきゃないなりに工夫するし、

それでも立ち行かなくなるなら、他の仕事をするしかない。

 

物事の暗い面ばかり強調したり、粗探しばかりしている人と会うとこっちも気が滅入るから、

なるべく今はそういう人とは会ったり話したりしないようにしている。

 

この数ヶ月でわかったのは、

コロナによってこれから先どうなっていくのかは、いくら考えても誰もわからないということ。

 

それなら、考えてもわからないことをずっと考えるより、

今日できることをしっかりやってたらいい。

 

問題は1つずつ、時間と共に解決していけばいい。

時間が経てば、状況も変わるのだから。

 

自営業はお金にばかりフォーカスすると苦しいけど、選択の自由も多い。

その他の面では、人生を楽しむチャンスがいっぱいあるのだ。

 

お金も、時間も、人も、心の幅も、

全てがエネルギーで、その人の資産なのだ。

 

そんなことに気づかせてくれるこの仕事に携われて、私はとても恵まれていると思う。

 

先生に質問したふりをする

時々、心の中で先生に質問する。

 

「これはどうすればよいでしょうか」

 

そして、私はこう考える。

 

私が先生だったら、何て答えるかな。

 

そして私の心の中で、私は先生になりきって、私に向かって答える。

 

「あなただったらどうしますか?」

 

そうすると、答えが出てくることがよくある。

 

自分で自分を客観的に見るのは難しいけど、

自分を他人にしてみると、少し見える気がする。

 

先生のポストを読んでいたら、

芸術家がもっと潤いますように、と。

 

私: なぜ日本では(世界もなのかわからないけど)お金を持つと人が変わるのでしょうか。

 

私先生: あなたが変わらなければいいじゃないですか。

 

私: でも私はその前に潤っていませんし…。

 

私先生: そんなにいろいろ持ってるのに潤ってないのですか?

 

私: !そうですよね、こんなにいろいろ与えられているのに、私はケチしてますよね!じゃあ、私は潤っている人として潤っている人が取るべき行動をとります。ありがとうございます。

 

…という具合に、バカみたい?

 

かもしれないけど、

 

こんなことやってると、

 

いつも「人はいいから自分のことをちゃんとしろ」って思う。自分がやればいいでしょ、と。

 

結局、自分がやってないから、同じようにやってない人が気になるんだよね。

 

つまり、他人を責めながら、自分のことも責めている行為なんだと思う。

 

宿題をやるべきだと理解してきちんとやってくる人は、宿題やってこない人のことは気にならないんだよね。

 

宿題やりたくないのにしぶしぶやってる人とか、宿題やらなきゃならないの知ってるのにやってこない人が、他の人のことを気にして文句言ったりするんだよね。

 

やるべきことをしっかりやってる人は、他人が何をしていようと、気にならないもんなんだよね。

 

心の中の質問ごっこって、こんなことができるので結構楽しいよ。

私には。

 

夜風が涼しくて気持ちいい。

f:id:IUB:20200702193710j:image

私はいつもここに寝転んでくつろいでいる。

今日は夜風が涼しくて、日中の暑さを洗い流してくれるよう。月も涼しげ。

 

インドに初めて行ったときのことを思い出すような月。

 

あのときの私と、今の私、

 

あのときたしかに私はいたけれど、

本当にいたかどうかは証明できないんだよね。

 

それが不思議だよね、この世界は。

 

ミッティヤー、っていうんだっけ?たしか…。

あるともないともいえないもの。

 

今日は暑くて、ぶどうアイスを食べた。

最近、ドクターペッパーチェリーも飲んだしね。甘いものの取りすぎに気をつけなきゃ。

 

今はあったかい麦茶。