su-haku

最近は、私が考えること、言うこと、することが誰かの役に立ちますようにと願いながらかいています。

衣がえ

真冬の布団カバーとシーツを替えた。

 

冷えないように気をつけつつも、衣がえ。

もう明日から4月。

 

お洋服も、春物に。

着ない服はリサイクルに。

 

洗濯済みの冬物は毛玉を取ってからしまい、

セーターやお布団は折を見て洗濯し、また次の冬に。

 

なんだか、せいせいする。

こうでなくちゃ。

 

ぼんやりしてても、テキパキしてても時間は流れていく。

 

不安な気持ちでいても、何かに集中していても、時間は止まらない。

 

 

これからは、

まあ、

いつも通りではあるのだけれど、

 

余計なことはせず、

私が今この場でどうするのが一番周りへの貢献になるのかをその都度よく考え、静かに、淡々と日々を送ろうと思う。

 

昨日注文した新しい精油が早く届くといいな。

スタジオで焚くのが楽しみ。

 

明日は、音楽も春っぽいのに変えようかな。そうしよう。

これからが本番

コロナでみんなの不安がどんどん大きくなっている。

 

これからが本番なのだろう。

いろいろと。

 

こんなとき、私はどうあればいいだろう。

正直、私だって、不安だ。

でも、私だけじゃない。

 

そんなことばかりを考えるこの日々に、嫌気がさして毒づきたくなる時もある。

そしてもちろん毒を吐く。

 

…でも、本当はこんなときこそ、丁寧に暮らしたい。

 

冷静に見渡せば、

今は私の周りでは何も起こっていないのだ。

毎日、季節が変わっていくのだけを感じる。

桜が咲き始め、菜の花は咲き乱れ、少しずつ寒さが緩み、湿った土の匂いが芳しい。

静かに、季節を感じ、服を変え、髪をとき、旬の野菜を食べる。

 

私にできることは、

疲れ過ぎず、

食べ過ぎず、

不安になり過ぎず、

体を冷やさず、

よく眠り、

きれいな音楽を聴き、

穏やかな気持ちでいること。

 

すべきことをし、

丁寧に暮らし、

世界に貢献すること。

 

大きな力に振り回されず、世界を真っ直ぐに見つめ続けたい。

 

他人の心配と、私の心配は別のものなのだ。

私は、自分の心配は責任をもって自分で処理する。

心配は、その人の問題だから。

 

同じことを目の前にしても、感じること、考えることは一人ひとり全然違うのだな、ということもわかった。

それは、似ていても、違う。

 

そんなことを踏まえて、

私は、静かに日々を過ごす。

不安になったらこの文を読み返してがんばろう。

 

 

がんもどきを作った日

今日はがんもどきを作った。

 

がんもどき、作ったのも食べたのも実は初めて。

もっと豆腐みたいな硬さかと思ってたけど、さっくり、ふんわり、軽い食感だった。

 

写真、撮ってないから。

どこからどう見てもがんもどきだし。

 

世の中は、何かあるとトイレットペーパーとカップラーメンを買いだめするんだな…。ということがわかった。

 

家にいるならカップラーメンなんか食べないで普通にご飯作ればいいのに、と思うのは私だけ?

 

この世の中…

 

ホントにこんな生き方でいいのかなぁ…。

せっかく毎日生きてるのに、

なんか、つまんない。

基礎

つまりは、

あーだこーだとヨガを語る前に、

まずはベジタリアンになれ、ということなのだと思う。

アヒムサー無しにヨガって語れるのか?ってことなのだろう。

 

ベジタリアンは、人間らしく生きる基礎だから。

 

わざわざそれを選び取れるのは、人間しかできないことなのだ。

 

人間にしかできないことをしなければ、人間に生まれてきた意味がないじゃないか。

 

それは、とてももったいないこと。

雑多な世界で

好きなものも嫌いなものも、

いいものも悪いものも、

キレイなものも汚いものも、

欲しいものも要らないものも…

 

なんでもかんでもあるこの雑多な世界で、

気に入らないものだけ遠ざけようとしても、無駄な努力だ。

 

みんなが嫌がっているものですら誰かにとっては必要で、

はたまた、必要としていない人にとっても想像もしていないところで役に立っていたり、

今日は要らなくても、明日急に欲しくなったり、

社会の悪がある日突然ヒーローになったり…

 

そんな世界で生きているのに、自分が要らないものだけを遠ざけるなんてこと、エネルギーの無駄遣いでしかないように思えて仕方ないのだ。

 

だから私は、今後この世界で心地よく生きていくならば、親和性を高めるのが良いと思う。

 

あっても無くても、

さほど影響されない。

振り回されない。

冷静でいられる。

 

世界に馴染んで半透明でいるような、

そんな風に居たら、

なんとなく、いいような感じがする。

 

春を迎える準備ができました。

セーター、今年最後の一枚を編み終わり、春を迎える準備ができました。

 

明日、明後日の寒の戻りが過ぎたら、

冬のシーツや布団カバーを洗って、

今年編み上げた4枚のセーターを洗って、

ヨガウエアも衣替えして、

部屋もさっぱりさせて、

植物を植え替えて、

 

ああ、もう春だよ〜♪

 

お金は仕事で稼げばいい

私は、

好きなことを仕事にできたらいいなと、ずっと思ってきたけど、

 

本当は、得意なことを仕事に活かせたらいいな、だった。

 

 

趣味が高じて…とかよく言うけど、

もし、生活の中に趣味を楽しむ余裕があるならば、

お金は仕事で稼いで、趣味は楽しむことだけを考えた方がいいように私は思う。

 

プロの仕事と趣味の作品は、別ものだ。

 

中途半端な人は、プロと趣味の境界をはっきり区別するのは難しいと思う。

都合の良いときはプロで、悪い時は趣味だと言って、逃げられるから。

 

そこを逃げずに、プロとしての責任を取る覚悟があるならば、まあまあ下手くそでもプロだな…。と、私は思う。

 

趣味は思いきり楽しむから、楽しいのだと思う。